転職椅子取りゲーム、最初から前向きに動いたのが勝因


金融機関に勤務していましたが、リーマンショックのあおりをうけてリストラ。40代の私は数カ月と、比較的短期で再就職することができました。早期に就職できたのは、ある程度戦略的に考えて動いたからだと思います。まず、すぐに動きました。金融機関は多くの失職者を出したので、一種、椅子取りゲームのようなものだから早く動こうと思いました。

リストラというのはとても精神的に打撃を受けるので、多くの同僚が家で失意に引きこもったり、あるいは憂さ晴らしに出歩いて会社の悪口を言ったりネットに暴言を書き込んだりしていましたが、私はそのような時間は不毛だと早く気づき、気持ちを切り替えるようにして転職活動に臨みました。

まず、私は金融の中でも個別のマイナーな金融商品に関わる部門で働いていましたが、できれば同じ分野で再就職したいと思いました。しかし部門が閉鎖になるほどですので、収益性が低い商品で、同業でも同じ部署は縮小、閉鎖されていたのでそこには良さそうな椅子は見当たりませんでした。そこで将来的にその分野に移動することが可能な環境をターゲットにしました。そして、まずは仕事を通じて知り合った知人友人の「偉い順」にコンタクトをしていきました。正直、若い友達は同情はしてくれますが、就職の世話はしてくれません。仕事のツテをたどるのだったら、権力やタイトルが高い人の方が可能性が高いからです。リストラ企業前の勤務先の上司等で二度と顔も見たくない嫌な奴もいましたが、メールや電話をして失職したので相談に乗ってほしいというと、意外にみんなランチ等時間を作ってくれるものです。時間を取れたら、実際の転職の面談以上に気合を入れて身なりを整え、冷静に、前向きに、再就職の意思と、何かいい話があったら是非紹介してほしいと頭を下げました。本気を出して連日人に会い続け、会ってない時は履歴書のアップデートをしたり、経済新聞や経済ニュースをちゃんと読んで知識や勘が鈍らないようにしました。忙しくすることで、リストラの精神的ショックから逃れる効果もあったように思います。

結局、人の紹介で、他社の同じ仕事の「旦那さんが海外に赴任するため退職する」女性のポジションが急に空くことになったのを掴むことができました。能力的に同じような候補者はたくさんいたのですが、偶然お会いした中の、三人のそれなりに偉い人が私を推薦してくれたのが、決め手になったようです。

人材紹介会社は必ずしも必要ではないことがおわかりかと思いますが、40代からの転職ならさらなる情報は下記のサイトで探してみても良いでしょう。。
40代転職の道しるべ | 失敗しない計画と成功する転職サイト

介護職在職中に歯科助手の転職活動にチャレンジした話

私は介護職に在職中、歯科助手の仕事に興味があり転職活動をすることにしました。当時介護職は2年目でしたし40代に差し掛かろうとしていた時機でしたが特に辞めたいという気持ちはありませんでした。ただ歯科助手の白衣に憧れを持っていたため、ワークライフバランスも考えず、もし採用になったら働きたいなくらいの気持ちで応募しました。当時私は39歳で転職はなるべく若いうちが有利だろうと思い、今回転職活動をしました。採用しなければ今の仕事を続けてもいいと思っていました。

親に話すとまだ介護職が2年目だし未経験の仕事は大変だから転職しないほうがいいと言われましたが、採用されたら運がよかったと思いまたがんばれると感じたため転職活動をやめませんでした。歯科助手の求人を探すと近所で未経験可で募集しているところがあったため連絡をしたところ、求人に応募するのに履歴書が必要なため郵送してほしいと言われ郵送しました。

まだ39歳で若いし採用になるだろうと思っていました。私は歯科医院で白衣を着て働くことを楽しみにしながら残りの介護職勤務をがんばっていました。1週間後、連絡がまだこなかったため不安になってきました。ですが検討中なのだと思いもう少し待ってみることにしました。介護職は面接2日後に採用結果の連絡が来ましたが今度は異業界なので遅くても仕方がないと思いました。

そして2週間たった頃、自宅に大きな封筒が郵送されました。中には履歴書と手紙が入っており結果は不採用でした。私は若いから絶対採用になるだろうと思っていたため不採用だったことにショックを受けましたが、今の介護職がイヤな訳ではないので何もなかったかのようにその後も介護職を続けていました。どちらでもいいという気持ちで応募したため不採用だったことは残念でしたが落ち込みませんでした。今回の転職活動は1社しか応募しませんでしたが不採用になった経験から転職することの大変さも学ぶことができたと思います。

接客業はもう嫌だ!販売員から夢の板前に転職した体験談

僕は10年前まではとある家電量販店の販売員をしていました。

店頭に立って購入を検討しているお客さんに、商品の説明をしたりするのが主な仕事です。

この仕事はずっと立ちっぱなしということと、お客さんからのいかなる質問にも正確に素早く回答するために商品の詳細を熟知していなければならない、という点を除けばそれほど辛いことはありませんでした。お客さんとの対話やコミュニケーションが楽しく感じることすらあったほどです。

問題は販売件数という数値で、上司から常にプレッシャーを受けることにあります。ちょっとでも件数が伸び悩んだ月は個別に呼び出されて圧力をかけられます。同僚は皆、売ることに必死で、スタッフの控え室ブースはいつも険悪なムードだったほどです。

そんな重圧にうんざりして僕は転職を決意しました。

選んだのは居酒屋の板前です。

一人暮らしが長く、元々料理をするのは趣味だったので、調理系の仕事は自分に向いているんじゃないかと思ったのがきっかけでした。

勤め先は従業員が10人にも満たないくらいの小ぢんまりした居酒屋です。

見習い期間中は時給1200円のアルバイト同然の給与で(実質、最初の雇用形態はアルバイトでした)働きました。

仕事はキツく、夜間から深夜の営業が殆どなので、昼夜逆転の生活という辛さもあります。

でも、それ以上にやり甲斐も感じられる職業で夢がありました。

見習い中は先輩からかなり厳しく指導されましたけど、人に振る舞う料理を作れる喜びを感じられるのが大きなポイントです。それと新鮮な魚を使った夜食のまかないを食べられるのも嬉しいですね。

働き始めてから2年が経過して、僕は晴れて正社員としての雇用を勝ち取ったのです。

あの時は本当に嬉しかったです。まあ保障が付くとは言え、給料はバイトに毛が生えた程度。確かに販売員時代の方が収入は多いですが、それでもやり甲斐と喜びを感じられる職場で働くことの意義を考えたら、僕は転職して大正解だったと思っています。

転職に成功したのか失敗したのか微妙なところですが

転職は、成功と失敗の差が激しいというイメージがあります。
成功する人は本当に順調にいきますし、失敗する人は転職したこと自体を大きく後悔しそうです。
私は、失敗した人を知っています。
なんとなく転職を甘く見ていた人で、すぐ決まると思っていたら中々決まらなくて焦ったみたいです。
中々決まらなくて焦っていなかったら、逆に怖いです。
そして、しばらくして決まったのですが、働き始めると結構怖い職場だったみたいです。
休みなんてろくにとれなくて、疲れ果てて辞めていく人も少なくないみたいです。
だから、いつでも社員を募集しているとのことで、その人はそれに引っかかってしまったのです。
ですが、もちろんすぐ辞めるわけにもいかず、しばらく頑張ってみることにしたそうです。
そして、やはり疲れ果てて辞めました。
その後もまた転職をして、なんとかちゃんとした職場に勤めることに成功しました。
今では元気に頑張っています。
転職するというのは勇気がいることです。
そもそも何故最初に転職をしようと思ったのかは分かりませんが、そのときの転職は失敗してしまったわけです。
ですが、本当にやばいところに転職をしてしまってからの転職は成功したわけです。
結果的に成功だったのか失敗だったのかは分かりませんが、今は良いところで働けているのですから良いのだと思います。
2番目の職場にまだいたらどんなことになっていたか、分かりません。
少なくとも2番目の転職は大成功だったと思います。

ただ本当に成功だったのかどうかは就職してからの3年後かなと思います。夢ある仕事に付けたらなおさらです。

転職を繰り返している優秀な知り合いがいるのですが

私の知り合いに、転職を繰り返している人がいます。ちなみに、仕事は物凄く出来る人です。コミュニケーション能力も結構高い人で、色んな人を巻き込める力があります。ですが、同じところにずっといるというのは、無理みたいです。それでも、優秀な人だから転職してもすぐに次が決まるみたいです。だから転職を繰り返すことが出来るのかもしれませんね。40代でも変わらず採用されるというのが凄いです。

ですが、転職を繰り返す人を受け入れる会社も凄いなと感じてしまいます。本人に理由を聞いたことがあるのですが、出て行く前に写真を徹底的に育成してから出て行くから、自分が出て行ってから困るということがないらしいのです。いっそ自分で起業したほうが良いのではと思ったこともあるのですが、きっと飽きちゃうからということで、色んな会社を転々としていると思います。

それでもやっていけているのだから凄いと思いますし、優秀だからなのか給料もちゃんとしっかり貰えているみたいです。実は以前ヘッドハンティングされたこともあるらしく、おそらく本当に優秀なのでしょう。今の会社は人数が少ないけれど結構いい会社で、居心地が良いみたいです。あと、勘がいい人が多いと教えるのが楽で助かるみたいです。次いつ転職するかは分かりませんが、きっといつかはするのでしょう。行く先々で役に立っているのなら、本当に凄いことだと思います。もちろんこういうふうにいかないのはちゃんと分かっていますが、どうしても憧れてしまいますね。

ただ私生活のワークライフバランスを取ってるようには見えないですね。仕事中毒なのか仕事一辺倒な印象です。